ホルモンバランス 肌荒れ

MENU

ホルモンバランスの乱れと肌荒れの関係とは?

ホルモンバランス

肌荒れに悩む方、また、肌が比較的弱く、外部からの刺激などに肌が弱い場合には、肌が乾燥しやすいことで悩む方もいます。

 

肌荒れの原因としては、生活習慣の乱れなども挙げられます。

 

不規則な生活、寝不足などの状態が続く、もしくは、ストレスなどが溜まりやすい生活環境で過ごしていることで、ホルモンバランスなどが乱れることがあり、これも肌荒れの原因につながるといわれています。

 

ホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンの分泌量が増えることがあります。その影響で、皮脂の分泌量過多の状態になることがあり、これが、肌にある毛穴を詰まらせる原因になることがあります。

 

毛穴が詰まることで、肌の炎症、ニキビなどになりやすく、その状態を放置してしまうと、さらに肌荒れが悪化することも考えられます。

 

このような状態を回避するためには、日頃から生活習慣を見直して、生活リズムをきちんと整えていくことや、ストレスなども適度に解消してけるように、生活を工夫していくことが大切です。

 

規則正しい生活をして、睡眠をしっかりと取ること、休日などは、趣味に時間を費やしたり、スポーツをしたり、また、友人たちと気晴らしに遊んだりすることで、適度にストレスを発散していきましょう。

 

>>TOPページへ

 

ピュアメイジング

 

ピュアメイジング